生ごみを減らす工夫とその方法について

家庭ごみを減らすための工夫と実践方法

食べきれなかったら冷凍する!

野菜から出る水分や食材から出る水分による為、生ごみの多くは水分で占められています。
なので、捨てる際にはよく絞ってから捨てると良いと言われています。
今は、暑い日が続いている為、そのままキッチンに生ごみを放置しないでこまめに片付けをしている人も多いと思います。

ですが、綺麗にしようとすればするほど生ごみを処理する回数は多くなり結果的には多く生ごみを出してしまっている事になるのです。
少しでも回数や生ごみを減らす為にはある程度の工夫が必要ではないかと思います。
多くの家庭でも実践されている事が多いとは思いますが、ここでいくつかご紹介したいと思います。

まずは、野菜のヘタや皮には近年になってとても高い栄養価が含まれている事が分かりました。
今まで何気にそのまま生ごみとしていたヘタや皮はきちんと料理をする事で美味しく食べる事が出来るのです。
最近ではそんな野菜のくずで作る旨味成分がたっぷりのスープを作って出汁の代わりとして料理に入れたりそのまま野菜スープとして食べている人も多いようです。

ダイエット食材としても注目を集めている野菜くずは冷凍保存が可能で、その場合には3日ほど、冷凍の場合には一週間ほど持つそうです。
少しでも生ごみを出さないようにするだけで家庭ごみの大きさはかなり変化しますし、それがエコに繋がるのだと言います。
上記のように工夫をする事で、家庭ごみを減らして地球温暖化対策に貢献しているのだと思います。

トップへ