生ごみを減らす工夫とその方法について

>

水気をよく切って絞る事!

容器が壊れるまで詰め替えをする

多くの家庭が最初に購入したシャンプーやボディソープの容器は、100均で販売されている容器に詰め替えをして色んなシャンプーやボディソープを使用していると思います。
その際には、何のメーカーでどんな香りの物なのか分からなくなる事が多いとは思いますが、同じ商品を長年愛用している家庭も多いのでその辺は各家庭により様々あると思います。

家庭ごみを減らす工夫として詰め替え商品を利用すると言うのは近年になっては当たり前の事になりつつあります。
その方が、購入する側としても少し安いと言う点もあり買い物した物の重さが軽減出来て負担が減ると言う事に繋がっているような気がします。
一度購入した容器が壊れない限りギリギリの状態まで使用する事で家庭ごみの量は断然に少なくなると思います。

そのままの状態でも使用出来る物もあります

詰め替えをしなくてもそのままの状態で使用出来る商品も最近では多く販売されるようになったと思います。
その方が、なくなってしまったら小さく丸めて捨てれば済みますし、かさばる事がないので結果的には家庭ごみを減らす事に繋がっているような気がします。
家庭から出るごみは近年になって大きな社会問題にもなっていますし、前の記事でも紹介したと思いますが、それが地球温暖化に拍車をかけています。

少なくする工夫をする事で地球温暖化の速度を遅くする事も出来ます。
今ではそのままの状態でも使用出来る詰め替えをしなくても良い商品と言うのは沢山販売されはじめています。
世界中が家庭ごみを減らす工夫をすれば未来の地球環境は変える事が出来ると思います。


この記事をシェアする

トップへ