生ごみを減らす工夫とその方法について

>

余計な食材は買わない事

海外の場合について

国全体でごみを減らす工夫をしている国も多いです。
その中でもヨーロッパにある国では学校や街中にゴミ箱を設置して一人一人に分別させてなるべくごみを出さないようにしたり、きちんとした分別の知識を教えています。
小さい頃から分別する習慣が付く事により、自然とごみを出さないようになると言います。

それに前の記事でも紹介したと思いますが、リサイクル出来るごみはリサイクルに積極的に回したり、その運動にみんなで取り組んでいます。
日本よりも分別の知識は高く細かく分別して街を綺麗に保っていますし、家庭ごみも1家族とても少ないそうです。
その国では、いつでもどこにいてもリサイクルに回すという事を常に頭に入れて生活しているみたいです。

細かく分別する事が大切です

資源ごみと家庭ごみをしっかりと細かく分別をするだけでも家庭ごみは減らす事が可能です。
すぐにチラシは出さずに裏面の白紙の部分を利用してメモにしたりゴミ箱として利用したりしてなるべく出さない工夫をしているそうです。
それから、生ごみは前の記事でも紹介したと思いますが、なるべく出さないようにする事は勿論ですが、そのままごみとして出すのではなく肥料として使って家庭菜園の堆肥として使用している人もいます。

今では簡単に肥料に変える事が出来る家電も増えている為、そのような便利な家電を利用して家庭ごみを出さないようにしている人も増えつつあるのです。
細かく分別する事で、ごみから出るガスの量も減らす事が出来ますし、エコに繋がります。


この記事をシェアする

トップへ